グリーンボンド等のプライシング・リスク・インパクト等に関する
調査研究公募の採択結果について

環境省では、グリーンボンド等のプライシング・リスク・インパクト等に関する調査研究の公募を通じて平成30年度より毎年2件程度、グリーンボンド等のプライシング・リスク・インパクト等に関する調査研究を採択し、支援しています。

1. 事業の概要

環境省では、グリーンボンドをはじめとしたグリーンファイナンスやESG金融全体を対象とした研究を活性化することと、研究成果についてグリーンファイナンスポータルを通じて広く情報発信し、グリーンファイナンスやESG投資の活性化に資することを目的に、「グリーンボンド等のプライシング・リスク・インパクト等に関する調査研究」の公募を実施いたしました。以下に、採択された研究者と研究名を公表します。

2. 採択結果

採択年度 研究者名(研究機関名) 研究名
令和3年度 代表研究者:金村宗
(京都大学大学院総合生存学館)
グリーンボンド・ESG デリバティブのプライシングモデルの提案とデータに基づく実証分析
令和3年度 代表研究者:Kim SCHUMACHER
(東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系)
Exogenous Data Disclosure Probability and ESG Data Risk Factor for the Sustainable Finance Sector and Green Finance Products
令和2年度 代表研究者:金村宗
(京都大学大学院総合生存学館)
グリーンボンド・ESGデリバティブのプライシングモデルの提案とデータに基づく実証分析
令和2年度 代表研究者:Kim SCHUMACHER
(東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系)
Exogenous Data Disclosure Probability and ESG Data Risk Factor for the Sustainable Finance Sector and Green Finance Products
平成30年度~平成31年度 代表研究者:金村宗
(京都大学大学院総合生存学館)
ファイナンス理論に基づく環境価値と化石エネルギー価値との相関分析
平成30年度~平成31年度 代表研究者:佐藤敦子(高崎経済大学)
共同研究者:宮田庸一(高崎経済大学)
グリーンボンド等のプライシング・リスク・インパクト等に関する調査研究

3. 令和3年度 審査委員会委員(敬称略、五十音順)

○委員長
大橋 和彦 一橋大学大学院 経営管理研究科 金融戦略・経営財務プログラム 教授

○委員
ジェイソン・モーティマー 野村アセットマネジメント株式会社
白須 洋子 青山学院大学 経済学部 経済学科 教授
長谷部 賢 株式会社日本政策投資銀行 設備投資研究所 次長
林 寿和 ニッセイアセットマネジメント株式会社 運用企画部 ESG推進室 チーフ・アナリスト

※委員が提案者と利害関係を有する場合など、提案者・提案内容に応じて一部の委員は審査に参加しておりません。