概要

パリ協定で掲げられた「2℃目標」を踏まえ、脱炭素社会、持続可能な社会の実現に向けた動きが世界的に加速しています。特に、金融業界において、気候変動リスク等を含むESG要素を考慮した投融資がスタンダードになりつつあり、ESG金融が拡大しています。我が国においても、この世界的な動きに遅れを取ることなく、ESG金融を拡大させることが必要です。
そこで、環境省では、ESG金融または環境・社会事業に積極的に取り組み、インパクトを与えた機関投資家、金融機関、仲介業者、企業等について、その先進的取組等を表彰し、広く社会で共有し、ESG金融の普及・拡大につなげることを目的として、環境大臣が表彰するESGファイナンス・アワード・ジャパンを実施しています。

対象者

投資家、銀行等、保険会社、証券会社、諸団体、グリーンボンドの発行体・ストラクチャリングエージェント・外部レビュー機関(表彰部門-①②③④)及び、環境要素を経営戦略に取り込み、企業価値及び環境への正の効果を生み出している企業(表彰部門-⑤)。
ご応募の際、詳しくは該当年度の「募集要項」をご確認ください。

表彰部門

受賞者用ロゴマーク(イメージ)

エントリー

第2回(2020年度)の募集は締め切りました。
第3回は2021年秋頃に募集開始予定です。

第1回結果(2020年2月25日)

第2回結果(2021年2月24日)

関連リンク