はじめに

「金融機関向け 適応ファイナンスのための手引き」のご紹介

近年の気象災害の激甚化・頻発化を受けて、「気候変動への適応」の重要性がますます高まっている。こうした中で、適応をファイナンスと統合し経済的に内部化することにより、多くの事業会社に早期の取組着手を促すとともに、中長期的な継続実施を誘導していくことが有効である。
一方、適応ファイナンスは、グリーンボンドやサステナビリティ・リンク・ローンなどのように、原則やガイドラインの開発が十分に進んでおらず、理解が深まっていない。既に適応ファイナンスに取り組んでいるにもかかわらず、当事者がそれを認識していないケースもある。
そこで、環境省では、有識者や金融機関の専門家を招いて数度にわたり勉強会を開催し議論を重ねながら、「金融機関向け 適応ファイナンスのための手引き」を作成した。同手引きでは、適応ファイナンスの基本的な考え方を示しているほか、実施アプローチ、金融機関の役割などを整理している。また、具体的な事例を紹介することによって成功事例の創出を後押しすることもねらいとしている。