サステナビリティ・リンク・ローンとは、借り手が野心的なサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(SPTs)を達成することを奨励するローンです。具体的には、①借り手の包括的な社会的責任に係る戦略で掲げられたサステナビリティ目標とSPTsとの関係が整理され、②適切なSPTsを事前に設定してサステナビリティの改善度合を測定し、③それらに関する融資後のレポーティングを通じ透明性が確保されたローンです。

主な特徴

  1. 借り手がサステナビリティに関する野心的なSPTsに向けて行動し、その改善度合と融資条件が連動している。
  2. グリーンローンと異なり、調達資金の融資対象が特定のプロジェクトに限定されない。
  3. それらについて融資後のレポーティングを通じ透明性が確保される。

サステナビリティ・リンク・ローンのメリット

借り手のメリット

1サステナビリティ経営の高度化
サステナビリティ・リンク・ローンを活用することにより、ビジネスにとって野心的なSPTsを設定し、その達成に向けて強く動機付けられ、企業等の組織内のサステナビリティに関する戦略、リスクマネジメント、ガバナンスの体制整備につながる可能性があります。これは、TCFD等のESG情報開示の要請に応える一助ともなります。また、こうした取組は、発行体の中長期的なESG評価の向上につながり、ひいては企業価値の向上に資すると考えられます。
2環境面等で持続可能な経済活動の推進に関する積極性のアピールを通じた
社会的な支持の獲得
サステナビリティ・リンク・ローンによる資金調達により、環境面等での持続可能な経済活動の推進に関し積極的であることをアピールすることができ、それを通じて社会的な支持の獲得につながる可能性があります。
3サステナビリティ・パフォーマンスを向上することによる貸出条件等におけるインセンティブ
借り手のサステナビリティ・パフォーマンスの向上を促すため、SPTsに連動して金利が変動する等のインセンティブが組み込まれている場合、借り手は、自社のサステナビリティ経営を高度化することによって、ESG融資を選考する金融機関等から、比較的好条件で資金を調達できる可能性があります。
4新たな貸し手との関係構築による資金調達基盤の強化
サステナビリティ・リンク・ローンを受け、当該情報を開示することで、ESG 融資を選好する金融機関との新たな関係を築き、資金調達基盤の強化につながる可能性があります。

貸し手のメリット

1ESG金融の一つとしての融資
サステナビリティ・リンク・ローンは、借り手のデフォルト等がない限り安定的なキャッシュフローを得つつ、環境面等で持続可能な経済活動へ積極的に資金を供給し、それを支援していることをアピールすることができ、それを通じて社会的な支持の獲得につながります。
2借り手のサステナビリティ・パフォーマンス向上の動機付け
サステナビリティ・リンク・ローンとして融資を行うことで、融資による利益を得ながら、資金供給を通じ、借り手が貸出期間にわたって自らのサステナビリティ経営を高度化するよう動機付け、持続可能な社会の実現に貢献できます。
3借り手との深い対話を通じたサステナビリティの向上
SPTs やサステナビリティ目標を通じ、借り手と事業課題について深く対話することで、借り手のニーズに合ったソリューションの提供など多層的な関係構築・ビジネス機会の獲得につなげることができます。

環境面等のメリット

1地球環境の保全への貢献
サステナビリティ・リンク・ローンの普及が進むことにより、借り手にお けるサステナビリティ経営の高度化・維持を行う動機が内部化されるとともに、環境面等で持続可能な経済活動に関する事業への民間資金の導入が拡大し、温室効果ガスの削減や自然資本の劣化防止に資します。
2サステナビリティ・リンク・ローンを行う金融機関に預託する個人の啓発
サステナビリティ・リンク・ローンの普及が進むことにより、預金者への啓発につながり、個人の資産の受託者たる金融機関等がより積極的にサステナビリティ・ リンク・ローンを行うことの動機付けになります。
3サステナビリティ・リンク・ローン推進を通じた社会・経済問題の解決への貢献
サステナビリティ・リンク・ローンの普及を通じて持続可能な社会の形成に資する経済活動に関する事業の推進により、エネルギーコストの低減、地域活性化、災害時のレジリエンス向上に貢献します。