環境省では、グリーンローンの環境改善効果に関する信頼性の確保と、借り手のコストや事務的負担の軽減との両立につなげ、国内におけるグリーンローンの普及を図ることを目的として、2020年3月にグリーンローンガイドラインを作成しました。
本ガイドラインは、グリーンローンの市場において国際的に広く認知されているGLP(グリーンローン原則)との整合性に配慮しつつ、借り手、貸し手、その他の関係機関の実務担当者がグリーンローンに係る具体的対応を検討する際に判断に迷う場合に参考とし得る、具体的対応の例や国内の特性に即した解釈を示しています。
同時に、グリーンウォッシュ(実際は環境改善効果がない、または、調達資金が適正に環境事業に充当されていないにもかかわらず、グリーンローンと称すること)を防止することに留意しています。