グリーンボンドガイドライン

本ガイドラインは、グリーンボンドの市場において国際的に広く認知されているグリーンボンド原則との整合性に配慮しつつ、発行体、投資家その他の市場関係者の実務担当者がグリーンボンドに関する具体的対応を検討する際に判断に迷う場合に参考とし得るものです。具体的対応の例や国内の特性に即した解釈を示し、グリーンボンドの環境改善効果に関する信頼性の確保と、発行体のコストや事務的負担の軽減との両立につなげ国内におけるグリーンボンドの普及を図ることを目的として環境省が2017年3月策定しました。2020年には、発行事例の増加による実務の進展と国内外の状況変化に応じて、ガイドラインを改訂しました。

グリーンボンド等発行モデル創出事業

環境省による国内における脱炭素社会及び持続可能な社会に向けたサステナブルな金融商品の普及を図ることを目的とした、「グリーンボンドガイドライン2020年版、グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン2020年版」に準拠し、かつ、モデル性を有すると考えられるグリーンボンドの発行事例について情報発信を行う事業です。公募で選定されたモデル発行事例は、環境省と請負事業者によりスキームについてグリーンボンドガイドラインに定める「期待事項」との適合性が確認され、適合している場合は、その旨の情報発信が行われます。

グリーンボンド発行促進体制整備支援事業(補助事業)

環境省によるグリーンボンドを発行しようとする企業・自治体等に対して、発行支援(外部レビュー付与、グリーンボンドフレームワーク整備のコンサルティング等)を行う者に対し、その支援に要する費用を補助する制度です。

グリーンボンド・ソーシャルボンドのプラットフォーム

東京証券取引所は、2018年1月22日より、プロ投資家向けの債券市場であるTOKYO PRO-BOND Market上場の、グリーンボンド・ソーシャルボンドに関する情報を任意に掲載できるプラットフォームを開設しています。発行体は、各債券について、調達資金の使途、外部機関によるレビュー、レポーティング(調達した資金の使用に関する情報)等の情報を掲載することにより、ESG投資に関心のある投資家に対して情報の公表を行うことができます。